男女のコミュニケーションを取り戻してくれるシラグラ

人間にとって、セックスはどの様な意味を持つ行為なのでしょうか。
人間のセックスは動物の交尾とは違い、種の繁栄の為だけにあるのではありません。
男女が愛を確認しあう為のコミュニケーション手段としても、セックスは重要なものなのですが、加齢によってその愛のコミュニケーションが十分に行えなくなる事があります。
そんな時に役立つのがシラグラというED治療薬です。
この治療薬は、インド製にあるシプラという製薬会社が手がけているもので、バイアグラのジェネリック版となっています。
ED治療薬は、特に加齢によって引き起こされるED(勃起不全)に対して改善効果が期待出来る医薬品です。
シラグラの主成分であるシルデナフィルは、ペニスの勃起を収束させる働きを持っているPDE5という酵素を阻害して、勃起が起こりやすい状態を作り出してくれます。
本来、健康な男性であれば、このPDE5の存在が勃起を妨げる事はありません。
PDE5は射精後に速やかに勃起を鎮める為に必要不可欠な酵素なのです。
ただ、男性器の勃起に必要な神経伝達物質であるcGMPが加齢によって減少すると、このPDE5の力が優勢になり過ぎてしまいます。
すると、十分に勃起が起こらなくなり、結果的にEDになってしまうのです。
このEDと言うのは、現代人ならではの悩みです。
例えば、採集狩猟時代の人類は常に危険と隣り合わせで生きていたために、セックスをゆっくりと楽しむ時間は無かった事でしょう。
ですので、子供さえ授かっていれば、EDになっても大きな問題は無かったはずです。
しかし、現代人にとってセックスは文化の一つとなっていますし、前述の様に男女のコミュニケーションに欠かせないものです。
ED治療薬は、そんな現代人の必要に応じて誕生した医薬品だと言えるのです。
さて、このシラグラという治療薬は、バイアグラと同等の効果を持ちながら価格が非常に安くなっています。
日本国内で入手するには個人輸入代行業者を通じて購入する事になるのですが、数箱をまとめて注文すれば、バイアグラの6分の1の価格で入手する事が出来ます。
何故この様な価格が実現出来るのかというと、シラグラは開発費が安くすむジェネリック医薬品であることと、インドという人件費が安い国で製造されているからです。
ただ、この様に価格が安いからと言って、品質が悪いという事はありません。
開発元のシプラ社は世界でも有数の大手製薬会社ですし、その製品はFDAの認可も受けています。
こうした低価格なジェネリック医薬品は、万人に最新の医療を届けてくれます。
例えば、新薬であるバイアグラは一錠の購入に1,500円が必要です。
この価格を知って、購入を諦めてしまう方も多いのです。
ですが、「お金がないならEDの治療は諦めろ」という事で良いのでしょうか。
こうした方にとって、安価で確かな効果を届けてくれるシラグラは、まさに男女のコミュニケーションを取り戻してくれる救世主となっているのです。