安価に実践できるED治療薬

バイアグラは誰でも知っているED治療薬ですが、これだけ認知度があるのにあまり良く知られていないことが多いようです。
たとえば、ED治療薬であっても勃起薬ではありません。
性的興奮がなければ勃起することはありませんから、テントを立てて恥ずかしい思いをすることもないのです。
もう一つあまり知られていないのが、1錠あたりの単価が非常に高いということでしょう。
バイアグラが認可された時に、バイアグラを求める長い長い行列ができたことから、それほど高値の医薬品ではないというイメージがありましたが、意外にも1錠あたり2000円以上はする高額医薬品なのです。
医薬品のなかにはもっと高額なものもありますが、日常的に服用するものでこの高さはあり得ないでしょう。
しかも、保険適用外であるため、全額自己負担になります。
これでは、ED治療ができないと思われた方安心してください。
バイアグラに手が出せない人のために、シラグラというジェネリック医薬品が存在しています。
これはバイアグラのジェネリック医薬品です。
製造・販売しているのはインドの大手製薬会社で、インドでも屈指の製薬会社ですから安心して服用できます。
バイアグラの特許期間が切れるにはまだ早いのですが、インドの法律では成分特許を認めていなかったため、製法の違うバイアグラのジェネリックを製造することができたのです。
成分はほぼ同じですから、シラグラを服用してもバイアグラを服用したのとほぼ同じ効果を得ることができます。
ただ、他の配合成分は違うため、微妙に効き方などが違って感じられるかもしれません。
微量の成分であっても、効き方に影響を及ぼすものがあるからです。
ですが、もともと微量であるため、それほど気にすることはないでしょう。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、血流を改善する効果があります。
陰茎海綿体に血流を一気に流れ込むことで、勃起力を改善することができるのです。
堅さでは、バイアグラの右に出るED治療薬はいまのところありません。
基本的に、空腹時に服用することで、もっとも効果を上げることができます。
胃の中に食べ物がある状態では、有効成分の吸収率が下がってしまうからです。
これは、シラグラでも同じことですから注意しましょう。
バイアグラには、25mgと50mgしかありませんが、シラグラには100mgの錠剤もあります。
100mgの錠剤なんて多すぎると思われるかもしれませんが、100mgの錠剤を4分割して服用するのがもっとも経済的です。
ピルカッターで分割して服用したら、残った分はラップに包んで厳重に保管しましょう。
もともと安価なジェネリック医薬品ですが、この工夫でさらに安価にED治療を実践することができます。
精力減退を感じるのは、早くて30代くらいだと言われています。
その年代であれば、パートナーとの仲をしっかりとしたものにするためにも、ED治療薬を使ってのED治療を積極的にするべきでしょう。